トップ > 飼い主学校

飼い主学校
◆目次◆
子犬の受け入れが決まったら
   - 事前に用意しておくもの
   - おやつについて
犬に与えてはいけない食べ物
避妊・去勢手術について
   - メリット
   - デメリット
  わんちゃんが来ることが決まったら、様々な準備が必要ですね。 ここでは、基本的なものをご紹介します。
事前に用意しておくもの
・サークル(ゲージ)
・トイレとペットシーツ(トイレシーツ)
・フードボウル(ステンレス製や陶器など重いものが良いとされています。)
・水入れ(給水器)
・寝床
・おもちゃ

・サークル(ゲージ)
将来、お部屋で自由にさせるにしても、最初の子犬の時期にはサークルは必ず用意しましょう。
飼い主や家に慣れていないうちは、子犬が安心できる空間が必要です。

飛び越えてしまわないように、屋根付きのものをお勧めします。
大きさは、子犬が成長した時のことも考えて大きめのものを選びましょう。
また、子犬の頃は好奇心が旺盛なので、何でも口にしてしまいます。
「誤飲・誤食」を防ぐためにも、留守にする時は必ずサークルの中に入れてください。

子犬はひとりぼっちが苦手です。
設置場所は、常に誰かがいるリビングなどの片隅に置いてあげてください。
日当たりや風通しがよく、寒くも暑くもない場所を選びましょう。

家の中は危険がいっぱい!
子犬にとって危険はないか、家の中をチェックしてみましょう。

部屋の図

・トイレとペットシーツ
サイズは大きめの方がトイレトレーニングが楽です。
スペースに余裕があるなら大きめのものが良いでしょう。
最初はゲージの中にトイレを設置しても良いですが、犬は綺麗好きです。
トイレと寝床は完全に分けてあげてください。

・フードボウル
ステンレス製や陶器など重いものが良いとされています。
軽いとひっくり返します。

・水入れ(給水器)
新鮮な水がいつでも飲めるようにしておくことが重要です。
ミネラルウォーターは尿道結石の原因になるので、毎日水道水を取り換えてあげましょう。
ペットボトルにつけるタイプ(ハムスターのカゴについてる水のみのようなもの)の方が、 水をこぼす心配がありません。

サークルの外に出してあげている時やお散歩の後は、通常のお椀やボウルに入れてあげた方が飲みやすいでしょう。
ただし、ひっくり返さないように重さのあるものを選んであげましょう。

・寝床
かわいいベットもたくさん売っていますが、子犬のうちはトイレの間隔が短く、そそうも多いので、
お洗濯がしやすいものが良いでしょう。
使い古しのバスタオルなどお手入れも楽なので、衛生的にもお勧めです。

・おもちゃ
その子によって好みのおもちゃは違います。
色々試してみるとお気に入りにのものが見つかります。
ぜひ探してあげましょう!

・フード
ブリーダーさんがあげているものと同じものをあげましょう。
引き渡しの際、「いつ」「どれくらいの量」をあげていたのか必ず確認しましょう。
できれば最初の1か月くらいは同じものを継続しましょう。
慣れない環境のため、最初は食欲がないかもしれません。
最初の1週間は下痢をしてしまったり体調を崩す子もいます。
心配な場合は必ず獣医さんに診てもらいましょう。

おやつについて
子犬用のドッグフードはカロリーが高く、栄養素もしっかりと摂れます。
ジャーキー、骨ガム、クッキーや人間の食べ物など濃い味を覚えると、
ドッグフードの食い付きが悪くなることがあるので、注意してください。
また、毎日あげると癖になりおやつが主食になりかねませんので、しばらくはフードオンリーにしてください。

  人間と犬は必要とする栄養素が違います。
塩分や脂肪分が高いもの人間の食べ物を与えることにより、腎臓病や肥満の原因になります。
愛犬の寿命を縮めることにならないよう、飼い主が気をつけてあげなければならないのです。

●ねぎ類
ニラ・玉ねぎ・長ネギは犬の赤血球に対して毒性を持っています。
玉ねぎが入ったスープ、ハンバーグなどの残り物も絶対にあげないように注意しましょう。

●チョコレートなどカフェインの入っているもの
下痢や嘔吐・尿失禁や痙攣(けいれん)など、発作の原因です。
多量に摂取すると急性心不全を起こし、脂肪することもあります。

●イカ・タコ・クラゲ・エビ
生ものなど栄養価が低いうえ消化しにくい食べ物は、嘔吐や消化不良の原因となります。

●貝類・蟹・鶏や魚の骨
鶏の骨や蟹の甲羅などは、縦に割れて気管や喉、胃袋や腸に突き刺さり危険です。
●牛乳・チーズなど乳製品
牛乳は犬にとって完全食品ではなく、乳糖をうまく分解できないため下痢の原因となります。
乳製品を与えるときは必ず犬用のミルクやチーズにしましょう。
●塩分の多い食品
犬は足の裏にしか汗腺がなく、ほとんど汗をかきません。
人間と同じ食べ物では、塩分の過剰摂取となり、肝臓や腎臓に負担がかかります。
加工品などは人間の嗜好に合わせて作られているので、犬には塩分が多すぎるようです。
与えないように注意しましょう。

●香辛料などの刺激物
わさび・コショウ・とうがらし・生姜などの香辛料は胃に負担をかけます。
感覚をマヒさせることもあるので、与えないようにしましょう。

●冷たい食べ物
冷蔵庫から出したばかりの冷たい食べ物は、お腹を冷やして下痢になります。
必ず、常温にもどしてからあげましょう。

●甘いお菓子や甘味料
肥満・糖尿病・歯周疾患の原因です。

●生卵
加熱してあげるのは問題ありませんが、卵白に含まれるアビジンがビオチン(ビタミンB群の一種)を分解し、
下痢・皮膚炎・結膜炎の原因となります。

●レーズン・ぶどう
嘔吐、下痢、腹痛の原因となります。
ひどい場合は腎不全から死亡にいたることもあります。


  飼い主さんそれぞれの考え方があると思います。誰もが悩む問題でしょう。
「絶対にこうすべき!」というものはありませんが、ここではメリットとデメリットを考えていきましょう。

メリット
メスの場合
・子宮蓄膿症や卵巣腫瘍、乳腺腫瘍など、性ホルモンの働きによって起こる病気の発症率が低くなる。
・生理と発情期のストレスがなくなり、散歩時にオスが寄り付かなくなる。
オスの場合
・精巣腫瘍や前立腺肥大、肛門周囲腺腫など、精巣ホルモンの働きが関係する病気の発症率が低くなる。
・マーキングや攻撃行動、人や物に対するマウント、メスを求めての放浪・脱走など、減少する効果が期待できる。
デメリット
・手術自体はリスクの少ないが、全く危険がないというわけではない。
・肥満になりやすい傾向があるので、食事のコントロール、運動量など、注意が必要。
・子供が欲しいと思っても不可能。

年をとると、手術そのものが負担になります。
避妊・去勢手術の効果を最大限に生かすなら、性成熟を迎える前に行うのが理想的と言われています。
手術を検討している場合は、信頼できる獣医師さんに相談してみましょう。